IT (情報技術) 学習記録

主に情報処理技術者試験、オラクルマスター、Linux技術者試験(LPIC)等の、IT系、または電気系の学習記録を中心に。(働き方や世の中も)

「数字を使うと説得力が増す」とは悪く言うと「無知な奴は数字で騙せる」と言うこと


「数字を使うと説得力が増す」とは悪く言うと「無知な奴は数字で騙せる」と言うこと


世の中にたくさんある自己啓発本やプレゼンテーション指南書などには、よく「数字を使うと説得力が増す」と書かれている。

実際にも、特にエライ人はそんなことを言うものである。

否定はしない。おそらく真理のひとつだ。


しかし、数字は一見わかりやすい印象を与えるが、その意味を正確に理解していなければ、結局は騙されることになる。

以前にも記したが、「わかりやすさ」と「正しさ」は必ずしも同一ではないのである。

kf7757.hatenablog.com


「画素数」というわかりやすさを「性能」の指標にしてしまってきたデジタルカメラの悪しき風習


(超ざっくりした デジタルカメラの仕組み)

f:id:KF7757:20171210101756g:plain


数字が多くの一般大衆を騙してきた良い例が、デジタルカメラの性能指標とされているひとつ、「画素数」である。

(私の意見としては、騙される方も悪いと思うが…。)

上図に示したように、デジタルカメラにおいては、「有効画素数が単純に大きいカメラ」が、即ち「性能が高いカメラ」だとは、必ずしも言えない。

原理的には、画素数が大きくなるほど、1画素単位の受光面積が小さくなってしまうため、性能はむしろ悪化するのである。


この事実は、特段、カメラの専門家ではなくても、デジタルカメラの仕組みをわかって利用している者にとっては常識レベルの知識である。

…が、おそらく、100人中10人知っているかどうかというレベルなのかもしれないが…。


だから、少なくとも、「このカメラは旧製品がxxx万画素だったところがxxx万画素に向上したので性能が良くなった」とだけ言っている人は、仕組みを知らないで言っている可能性が高い。

(実際には、上図内にも記したが、1画素単位の受光面積以外にも画像処理エンジンの性能向上など、トータルベースでの性能向上が著しい事も多いため、その意味では昔の製品よりも最新の製品の方が性能が上であると言える場合が多い。しかし一方で、プロに言わせれば昔の特定の機種が出力する画像が良かったという意見もあり、1画素あたりの面積という原理的な強さが支持される事も、また少なくはない)


わかりやすく説明する人になるのは良いがわかりにくいことも理解する人でありたい


わかりやすく説明するという事は、とても大切な事である。

しかし、自らは、わかりにくくても正確な情報を常に捉えていたい。

そうは思わないだろうか。


「一陸特」の難易度は他の「特殊無線技士」とは違う(別格)ようだ


「一陸特」の難易度は他の「特殊無線技士」とは違う(別格)ようだ


同じ出版社の同じような問題集の厚さの差に驚く。


f:id:KF7757:20171202165422g:plain


左側が、

…向けの、問題集。


右側が、今日届いた、

…向けの、問題集。

一陸特の方がはるかに分厚い!


私は、一応、「三陸特」、「航空特」は取得しているが…。

難易度はかなり違うようだ。

「一陸特」でさえ、無線従事者全体で言うと、中間くらいの難易度のはずである。

無線従事者の上級クラスは遠いなぁ。


ウチの職場は長いこと無いよなぁ…と思うとき(グチ)


ウチの職場は長いこと無いよなぁ…と思うとき(グチ)


今年の、けっこう以前になるが、ORACLE MASTER Silver 11g を取得した。

業界の人なら知られている事だが、ORACLE MASTER の制度は、1997年に開始されてから、2003年頃に、制度を大改訂している。Oracle 9i の時代の頃である。


kf7757.hatenablog.com


現在では、下位レベルから、

Bronze (日本国内独自)旧制度のSilver相当 案外SQLが難関

Silver 国際OCA 旧制度のGoldにほぼ相当

Gold 国際OCP 旧制度のPlatinumにほぼ相当

Platinum 国際OCM 国内で数十人レベル

という4ランクになっている事は有名だろう。

旧制度の頃は、Silverが最も下位で、内容も本当に「入門レベル」だった。

私は、Oracle7 時代に、一度、旧制度のSilverを取得している。


Bronze が普通に通ったからわかっているものと思ったら…


今回、20年近くぶりに、Oracle11g の新制度のオラクルマスターを受験した訳である。

当然ながら、最下位の Bronze からの再取得となる。

Bronzeを取得したとき、あまり期待しないで、会社の人事部門に、表彰申請をした。(社内的に最も下位のランクではあるが)

それは、何事もなく、通った。

なので、「旧制度と新制度との違いを、わかった上で通してくれたのか」と、その時は思った。


その後、上述のように、Silverを取得したので、それも申請した。(無論、申請には自部門の上長の承認は必要である)

2ヶ月後くらいになって、人事部門から電話があった。

「過去に、オラクルマスターシルバーを取得済となっておりますので申請は通りません。よろしいですか」

…という内容だった。


人財を大切にするとは掛け声だけか


若い頃の自分であれば、旧制度と新制度との違いなどを説明したり、いろいろしたかもしれない。

しかし、いまでは経験則で、はっきりとわかる。

人事部門、総務部門などの体質としては、「一度確定された事」を担当者レベルに言っても、何にもならないのである。

別にわずかな報奨金にもこだわりはない。

ただ、一応、「IT系」を名乗っているウチの職場が、こんな体たらくで良いのか?…と、哀しい気分にはなった。

ベンダー系のIT資格試験では、最も有名といっても良い試験である、オラクルマスターでさえ、正しく難易度や価値を管理部門が把握していないという事実。

こういう面を見せると、わかる人は何も言わずに去っていくのだろう。


まぁ、「第二種電気工事士」と「第三種電気主任技術者」(電験三種)とを、最下位ランクで並べているくらいだからなぁ…。

(無論、電気分野の素人からすると、両方共に難しい。だが、難しさの質が異なる。IT系で言うならば、「ITパスポート」と「プロジェクトマネージャ」を同ランクで最下位としているようなものである)

kf7757.hatenablog.com

kf7757.hatenablog.com


電気通信の「工事担任者」試験を受けてきた


電気通信の「工事担任者」試験を受けてきた


IT系では知名度が高い「情報処理技術者試験」や、電気関連の「電気工事士」、「電気主任技術者電験)」などは、経済産業省主管である。

一方で、「無線従事者」や、「電気通信主任技術者」、そして今日、私が受けてきた「工事担任者」など、いわゆる通信関連は、総務省主管である。

総務省の資料には「IT」とは書かれない。必ず「ICT」と書かれる。通信系を主管しているから。

我が国のITもしくはICT関連の中央官庁は、経済産業省総務省とで重複してしまっている。更には内閣官房にもIT系の部門がある。三つ巴の勢力図になっている。


それはともかく。今年から非IT系にも手を出し始めた私としては、下地が無い中で勉強したつもりになっていた「第二種電気工事士」に落ちてしまった事もあり、通信系(いわゆる弱電系)の工事士に相当する「工事担任者」を受けたという流れである。

工事担任者を知るリンク)

電気通信設備工事担任者 - Wikipedia

電気通信国家試験センター | 電気通信の工事担任者トップページ


ちなみに、上述の試験はすべて「国家試験」である。…が、「国家資格」(免許)ではないのが、「情報処理技術者」なのである。表現を変えると「検定試験」に近いと言える。個人的には、こういうところが弱いと感じる。


三種類の試験を併願受験


工事担任者」は、上手く時間帯を選べば、最大同日に三種類の試験を併願受験できる。

無謀に近かったが、

午前中  2時間40分『AI・DD総合種』(基礎・技術・法規)

午後前半 2時間『DD第三種』(基礎・技術・法規)

午後後半 2時間『DD第一種』(基礎・技術・法規)

…を、受けた。

試験の内容はものすごく広範囲で、かなり難しいと感じた。

電気回路、電子回路の「計算問題」が必須であるし。

ネット上では「簡単」扱いされているけれども、しっかり理解するには相当の勉強が必要な分野であると思う。


kf7757.hatenablog.com


トランジスタのことなどがわかった


工業高校や、普通科高校の理系に行かないと勉強する機会がない、「半導体」「ダイオード」「トランジスタ」などが、改めてわかってきた。

「NPN型トランジスタ」とか、トランジスタの三本の足「ベース」「コレクタ」「エミッタ」等を、説明できるようになった。

(勉強する前までは、その言葉すら知らなかった。実はラジオやコンピュータなど、あらゆる電子機器の中には必ず入っている部品なのである。それも莫大な個数で)


単に試験に合格することを目指すのではなく、少しずつ「理解」して、自分の知識にしていきたい。


日本語の次に大切な勉強の科目はやっぱり数学(算数含む)だと思う


日本語の次に大切な勉強の科目はやっぱり数学(算数含む)だと思う

下記の過去記事にも記したように、何はともあれ、すべての勉強の基本になるのは、国語(日本語)の現代文だと思うことにはゆらぎはない。


kf7757.hatenablog.com


また、下記で紹介されている「リーディングスキルテスト」というものの存在や、その結果なども、非常に興味深い。

(この記事は一読の価値ありです)


mozutokyo.hatenablog.com


(下記の方が最新のようです)

mozutokyo.hatenablog.com


「暗算しないで」というコメント欄を見るにつけ

最近、非IT系の勉強の一環で「電気回路」「電子回路」等の本を読んでいて、中学校ベレルの数学知識から復習しないといけないと思うことがよくある。

近年は、無料で見られる動画サイトに、熱心な先生方が、わかりやすい授業の動画をUPしてくれているので、とても助かっている。

中学生向けの動画を、いい大人が見てしまって申し訳ない気分もあるが、とても助かっている。

(自分が学生の時代にはこんな環境はまったくなかった…)


人気がある先生の動画には、数十から数百ものコメントがついている。

学校の先生よりわかりやすいです。

というコメントが多い中、

暗算しないで。わかんない。

というコメントも少なくない


ここで「暗算」といっているのは、例えば「連立方程式」の解説動画の中で、

7x = 28

という式まで変換できたときの、最後の解を書くときの暗算である。

x = 4 (解)


おそらく、本当にわからないんだろう。

「7」「4」「28」という数の関係性が、わかっていないんだろう。


こういう事は、たぶん、「数学的なセンスの有無」とか、そういった事とはまったく無関係だ。

家で親から教わる事柄とか、小学校低学年の頃に学校の先生からどのように教わったか、といった、「教育の問題」であると思う。


日本語の次に大切な勉強の科目はやっぱり数学(算数含む)だと思う。


kf7757.hatenablog.com

kf7757.hatenablog.com


実際に受験することもしないで「この資格は難易度は低く取得は簡単」などと言うな


実際に受験することもしないで「この資格は難易度は低く取得は簡単」などと言うな


…と、声を大にして言いたい。

インターネット上には、「資格ランキング」や「難易度の情報」があふれている。

その中には、どう見ても、その試験を実際には受けてもいないくせに「この試験は簡単です」などと断定しているものも多い。


私はIT業界で長く働いてきたので、IT系の資格には詳しいと自負しているが、私は、例えば、経済産業省ITSSレベルに照らして、最下位のレベル1に該当する「ITパスポート試験」を、安易に「簡単な試験」とは言いたくはない。

実際に受験する事を想定するならば、おそらく私でも広範囲な出題範囲について学習し直す必要があるだろう。それにはかなりの時間も必要となるだろう。

同じレベル1の、「Linux技術者認定レベル1」試験や、「オラクルマスターブロンズ」試験なども、とてもとても、無勉強で合格できるような試験ではない。

むしろ、下位資格・入門レベル資格の方が、出題範囲が最も広かったりすることも往々にしてあるものだ。


合格率だけを見れば、例えば5割を超えているような試験であったとしても、その5割に入るための学習時間は必要なのであるし、ましてや、自分にとって新たな分野であれば、まったく「簡単」とは言えないはずである。


試験にただ合格することと本当に理解していることは同じではない


更に思うこととしては、試験に合格することと、その分野を本当に理解しているかということは、また別の話であると言うことである。

私は、「本当に理解している」事の、ひとつの指針は、「他人に教えられるか」という点であると思っている。

他人に教えられる程になるには、その内容が、試験のレベル的には、最も初歩的なレベルであっても、相当に時間をかけて勉強をしなければならない。

確かに、とりあえず「合格」はしたいという気持ちはあろう。

だが、「合格」と同時に「自分がどうなりたいのか」という点も、重要なことなのではないかと、私は思うのである。


「合格」に何を求めるかは人それぞれだが、少なくとも、実際に受験することもしないで「この資格は難易度は低く取得は簡単」などと、それこそ簡単に言ってほしくはないものである。


航空無線のお勉強…ちなみに動画サイトに載っている航空無線音声は掲載時点で電波法違反です


航空無線のお勉強…ちなみに動画サイトに載っている航空無線音声は掲載時点で電波法違反です


その昔、航空機の写真撮影にハマっていた時期があって、一眼レフのカメラ等を持っては羽田空港(正確には東京国際空港)やその周辺に毎週のように通っていた事があった。

当時のパソコンには「ぼくは航空管制官3」というゲームを入れていた。

航空無線(エアバンド)が聴きたくて、AMのエアバンドが入る受信機を持って空港に行くと、航空管制官パイロットとのやり取りを聴くことができた。

(航空無線の世界では、現在でも原始的なAM方式での無線が主流である。敢えて緊急時の無線において、他の交信に混信させる事を許容しているためである)


f:id:KF7757:20171028095000p:plain


ちなみに、航空無線に限らず、あらゆる通信において、ある特定の相手との通信状態にある場合…

それを傍受する事自体には違法性は無い

しかし、

その通信の存在や内容を自分以外に知らしめることは、重大な違法行為である


つまり、動画サイトなどに載っている航空無線の内容などは、掲載した時点で違法なのである。

通信をただ聴くだけであれば何の問題も無いが、それを存在も含めて内容を自分以外に知らしめる行為は犯罪なのである。


航空無線において使用される電気通信術(フォネティックコード


A:アルファ

B:ブラボー

C:チャーリー

D:デルタ

E:エコー

F:フォックストロット

G:ゴルフ

H:ホテール

I:インディア

J:ジュリエット

K:キロ

L:リマ

M:マイク

N:ノベンバー

O:オスカー

P:パパ

Q:ケベック

R:ロメオ

S:シエラ

T:タンゴ

U:ユニフォーム

V:ビクター

W:ウィスキー

X:エックスレイ

Y:ヤンキー

Z:ズールー

0:ジロ

1:ワン

2:ツー

3:ツリー

4:フォワ

5:ファイブ

6:シックス

7:セブン

8:エイト

9:ナイナー


マネージャーになったからといって「Tera Term」を使わない理由にはならないと思うんだよね


マネージャーになったからといって「Tera Term」を使わない理由にはならないと思うんだよね


今回は、いつも以上に、何の脈絡もなく記載する。

なお、Tera Term は、固有のソフトウェアの名称であるが、TELNETターミナルとしてはデファクトスタンダードの地位を築き上げているソフトウェアなので、そのまま使用させて頂いている。


さて。

標題の件である。

ウチの職場は、使用されているPC端末は非常に貧弱でアレな環境なのであるが、昨今の情報セキュリティ情勢の観点から、事務作業のためのLANと、開発サーバーなどと接続するためのLANが、完全に分断されている。

開発サーバーは、UNIX/Linux系サーバーが大半であるため、開発LANでは、皆が「Tera Term」を使っている。


PCの棚卸しがあり、若手のIT環境担当(たいてい若手にこの手の担当が振られるのは昔からの悪しき伝統である)が、話をしているのを耳にした。

「〇〇さんだけが Tera Term 使いたいって言ってきた」

〇〇さんとは、いまでは管理職(マネージャー)になっている、私の後輩である。

管理職になると、通常は、開発LAN環境自体、使用しなくなる、というのが、ウチの職場やその周辺の常識であった。

私は思う。

それ、おかしくないか。


マネージャーになったからといってエンジニアでなくなる訳ではないはずだ


マネージャーになったからといってエンジニアでなくなる訳ではないはずだ。

口だけは出すが、手は動かさない、と言うのは、一種の老化である。

マネージャーに昇進する前まではエンジニアだったのに、昇進した途端に素人であるかのような言動をする者も居る。

何故なのか。


社内における役職など、社外に出てしまえば特段役に立つものでもない。

管理職になったとしても、技術者を降りるべきではないと、私は思う。


kf7757.hatenablog.com


専門家の話を直に聞く重要性を知った


専門家の話を直に聞く重要性を知った


先月、とある資格…というか、言ってしまうと、電気系の最も初歩的な資格試験である『第二種電気工事士』の筆記試験を受けてきて、準備が足りず、おそらくは不合格であろうという事は、少し書いた。

kf7757.hatenablog.com

自分が普段の業務でやっている延長ならばいざ知らず、未経験の分野の資格を取得したいのなら、事前準備は絶対に必要だと痛感した。

公開されている合格率が、例え60%であったとしても、それは、当たり前であるが、合格しようと勉強をした人が受けての合格率である。

合格点が6割正解で、自分は5割程度だった訳だが、その1割りの差が、実はものすごく大きいのだと実感した。


上記の電気工事士試験に関しては、実は、土日に開催されている講習会にも、一度参加していた。

それで感じたのは、参考書などで読んで得られる知識と、直に専門家の話を聞いて得られる知識の、深さと広さの違いである。

素人、初学者にとって、最も必要な事は、知識だけではなく、「知識を載せる土台となる下地」なのである。

残念ながら、書籍だけでは、なかなかその下地の部分が埋められないということに気付いた。

専門家が当たり前のようにする、ちょっとした話、本題とは少しズレた雑談的な部分に、そういう下地になる知識の"素"が含まれている。


何よりも自分がいま興味がある分野を狙う


最近、無線従事者免許証が、個人的には欲しくてたまらない。

無線従事者免許証は、一度発行されれば、電波法令に違反するなどしない限り、一生有効であり、更新の必要も無い。

パスポートの本人確認にも、単独で使用でき、自動車免許証に匹敵する身分証明書になる。

自動車運転免許証を持っていない私からすると、そういう意味でも欲しい。

そして、ここが重要なのだが、何よりも無線の勉強がしたいのである。

国家試験を受験するほかにも、認定の講習会で規定の時間の講習と修了試験を受けるという道もある。

講習会をいくつか受けてみようと思っている。


受験してよかった。


受験してよかった。


本日、10月15日(日)は、2017年(平成29年)秋季の、情報処理技術者試験の日であった。

私は、システムアーキテクト(SA)という高度区分の一種類を受験した。

実を言うと、ここ最近は、非IT系にばかり興味が湧いて、今日の情報処理試験の準備もほとんどやっていない状態だった。

なので、棄権することも考えたが…。

試験というのは、とにかく受けるだけでも受けておいたほうが良い。ひょっとすると知っている問題ばかりが出るかもしれない。(これは、とある拝読している他の方のブログ記事でのお言葉だが)


午前1、午前2と、感触は悪くなかった。

午後1も、SA試験は、問題文の中に答えがあるような、読解力の問題である。何とか全部答えを埋めた。

午後2。これが最も難関の論文試験であったが…。

少なくとも、文字数的には、書いてしまった。書けてしまった。


午後2まで、試験を受けきることができた。

それだけでも、自分としては良い経験になった。

もちろん、合格していてほしいが…。

流石にそこまでは甘くないだろう。


試験は本番を経験しないとわからないこともたくさんある。それを知った日であった。