IT (情報技術) 学習記録

主に情報処理技術者試験、オラクルマスター、Linux技術者試験(LPIC)等の、IT系、または電気系の学習記録を中心に。(働き方や世の中も)

プレゼンはパワポ派?…私はPDF派


プレゼンはパワポ派?…私はPDF派


弊職場では、定期的に部門内部での発表会が行われている。私は昨年の途中まで休職していて浦島太郎状態であったが、どうやら休んでいる間にエライ人が決めた習慣であるようだった。

今年度は早くも業務繁忙などの事情もあり、なかなか発表者の立候補者が出ず、担当マネージャが困っているとのことだった。他人事のように聴いていたら、何故か私もプレゼンをする羽目になってしまった。

そういったことは若手の皆さんに「ヨロシク」していたのだが、たまには若くない者も何かを示さなければならないようである。


私はどうにもパワポが苦手


トヨタ式のやり方だと、「何事もペーパー1枚にまとめろ」というそうである。

個人的にはそれは同感であるし、大賛成である。

とにかく概要をA3用紙一枚にまとめる。

これ大切。

いままでも顧客やお偉方に対して何かを説明するときには、そういうやり方でやってきた。

しかし、現代は何でもかんでもパワポのご時世である。

電子紙芝居だ。

紙芝居ならまだ良いが、人によってはアニメーション機能をふんだんに使う。それだけは勘弁してくれと言いたい。


実は電子紙芝居は、パワーポイントだけのお家芸ではない。もちろん、マイクロソフト社製以外のオフィスソフトもそうであるが、何よりソフトを選ばないのがPDFである。

PDFでもAdobe Readerで電子紙芝居ができる。

私はアニメーションはいっさい使わないので、PDFで事足りる。


PDFならば、LibreOfficeでも充分なものが作れるので、こっちが良いな…。