IT (情報技術) 学習記録

主に情報処理技術者試験等の、IT・ICT系、または電気系の学習記録を中心に。放送大学、働き方、世の中も。

ウチの職場は長いこと無いよなぁ…と思うとき(グチ)


ウチの職場は長いこと無いよなぁ…と思うとき(グチ)


今年の、けっこう以前になるが、ORACLE MASTER Silver 11g を取得した。

業界の人なら知られている事だが、ORACLE MASTER の制度は、1997年に開始されてから、2003年頃に、制度を大改訂している。Oracle 9i の時代の頃である。


kf7757.hatenablog.com


現在では、下位レベルから、

Bronze (日本国内独自)旧制度のSilver相当 案外SQLが難関

Silver 国際OCA 旧制度のGoldにほぼ相当

Gold 国際OCP 旧制度のPlatinumにほぼ相当

Platinum 国際OCM 国内で数十人レベル

という4ランクになっている事は有名だろう。

旧制度の頃は、Silverが最も下位で、内容も本当に「入門レベル」だった。

私は、Oracle7 時代に、一度、旧制度のSilverを取得している。


Bronze が普通に通ったからわかっているものと思ったら…


今回、20年近くぶりに、Oracle11g の新制度のオラクルマスターを受験した訳である。

当然ながら、最下位の Bronze からの再取得となる。

Bronzeを取得したとき、あまり期待しないで、会社の人事部門に、表彰申請をした。(社内的に最も下位のランクではあるが)

それは、何事もなく、通った。

なので、「旧制度と新制度との違いを、わかった上で通してくれたのか」と、その時は思った。


その後、上述のように、Silverを取得したので、それも申請した。(無論、申請には自部門の上長の承認は必要である)

2ヶ月後くらいになって、人事部門から電話があった。

「過去に、オラクルマスターシルバーを取得済となっておりますので申請は通りません。よろしいですか」

…という内容だった。


人財を大切にするとは掛け声だけか


若い頃の自分であれば、旧制度と新制度との違いなどを説明したり、いろいろしたかもしれない。

しかし、いまでは経験則で、はっきりとわかる。

人事部門、総務部門などの体質としては、「一度確定された事」を担当者レベルに言っても、何にもならないのである。

別にわずかな報奨金にもこだわりはない。

ただ、一応、「IT系」を名乗っているウチの職場が、こんな体たらくで良いのか?…と、哀しい気分にはなった。

ベンダー系のIT資格試験では、最も有名といっても良い試験である、オラクルマスターでさえ、正しく難易度や価値を管理部門が把握していないという事実。

こういう面を見せると、わかる人は何も言わずに去っていくのだろう。


まぁ、「第二種電気工事士」と「第三種電気主任技術者」(電験三種)とを、最下位ランクで並べているくらいだからなぁ…。

(無論、電気分野の素人からすると、両方共に難しい。だが、難しさの質が異なる。IT系で言うならば、「ITパスポート」と「プロジェクトマネージャ」を同ランクで最下位としているようなものである)

kf7757.hatenablog.com

kf7757.hatenablog.com