IT (情報技術) 学習記録-もしくは中高年(就職氷河期世代)の生き方-

IT系,または,電気通信系資格の学習記録を中心に。もしくは中高年(就職氷河期世代)の生き方,働き方,世の中。中高年の転職の現実。

全世代型の社会に変わらないと(年齢差別を禁止しないと)国が滅亡する…"自己責任論"はブーメラン

全世代型の社会に変わらないと(年齢差別を禁止しないと)国が滅亡する…"自己責任論"はブーメラン 就職氷河期世代といっても、 1993年卒業の人たちから、2013年卒業の人たちまで、 20年間もの幅があります。 2013年卒業の人たちでさえ、今では3…

日本では就職・転職の世界が5歳上がると別世界

日本では就職・転職の世界が5歳上がると別世界 以前に、ひっそりと、YouTube動画を公開した理由でもあるのですが…。 私と同世代(40代後半)の転職活動の情報を発信している人が、ネット上を見てもほとんど居ません。 YouTubeで就職活動をしている就活生…

就職氷河期世代は現在の35歳~45歳ではない!(ざっくり言いすぎ)

就職氷河期世代は現在の35歳~45歳ではない!(ざっくり言いすぎ) 「就職氷河期世代」を、昨年、日本政府の方が「人生再設計第一世代」という、またわけのわからない名称で呼び始めて、話題となりました。 そして、ざっくり…非常にざっくりと、 「就職…

"黒字リストラ"らしいけど…リストラ候補者は必ずしも無能とは限らない理由

"黒字リストラ"らしいけど…リストラ候補者は必ずしも無能とは限らない理由 "黒字リストラ" …こんなキーワードが、トレンド入りしています。 昨年末頃より、転職活動をしている身でもあります。 リストラされたわけではありませんが、自分からいまの職場を脱…

「転職エージェントに相談」を誘導するサイトばかりのインターネットの闇

「転職エージェントに相談」を誘導するサイトばかりのインターネットの闇 本当に、うんざりします。 「転職エージェントに相談」を誘導するWebサイトばかりで、本当にうんざりします。 記事内容としては、そこそこ良いことが書いてあると思しきサイトであっ…

YouTubeでの発信をはじめました(ひっそりと)

YouTubeでの発信をはじめました(ひっそりと) 令和2年、あけましておめでとうございます。 このたび、思うところがありまして、YouTubeでの発信をはじめました(ひっそりと)。 私自身が、音声のみの動画が好きなこともあり、音声動画となっています。 もう全…

資格/試験 取得一覧 (2019年まで)

資格/試験 取得一覧 (2019年まで) SEQ.取得年 資格/試験名称 01 1991年 情報処理能力認定試験A級 02 1991年 第二種情報処理技術者試験 (国家試験) 03 1995年 第一種情報処理技術者試験 (国家試験) 04 1995年 パーソナルコンピュータ利用技術認定試験4級 …

人手不足が叫ばれているが「それでも中高年は不要」というジレンマ

人手不足が叫ばれているが「それでも中高年は不要」というジレンマ どの業界、どの職種、どの職場・現場でも、叫ばれているのが「人手不足」。 もう本当に人がいない。 でも、じゃあ「ただ人がいれば良いのか?」といえば、もちろんそうではなく…。 (1)必要…

書類選考で落ちるより10倍はショックな面接後の不合格

書類選考で落ちるより10倍はショックな面接後の不合格 今回は本当になぐり書きにて乱筆失礼します。 先日の記事でも触れましたが、書類選考が通った某社に、面接に行ってきました。 相手は年配の人事管理職、事業部長クラス、部長クラスでした。 …即日、選…

人生100年時代と言われていますが転職市場では年齢によって市場価値がものすごく低く見られます(特に40代後半以上は)

人生100年時代と言われていますが転職市場では年齢によって市場価値がものすごく低く見られます(特に40代後半以上は) 「人生100年時代」と言われています。 年金支給開始年齢も70歳まで引き上げられる可能性が濃厚です。 (下手すると75歳もあ…

【現実】未経験職業への転職の壁(現時点では設備管理系への転職の夢は破れました…)

【現実】未経験職業への転職の壁(現時点では設備管理系への転職の夢は破れました…) 電験三種(第3種電気主任技術者試験)に合格した一点のみで、別に浮かれたわけではありません。 タイミング的に、同時期に、さまざまなことが身の回りで発生したのです。…

【国家試験】電験三種(第3種電気主任技術者試験)合格しました!

【国家試験】電験三種(第3種電気主任技術者試験)合格しました! 昨日(2019年10月18日)、試験センターHPにて合格発表がありました。 合格通知ハガキは、まだ受け取っていませんが、試験センターHPで、受験番号を検索したところ、合格者一覧…

実行力が伴わないマネジメントは無意味です(前回の続き)

実行力が伴わないマネジメントは無意味(前回の続き) (現在、電験三種の試験前の追込み時期で、本来はこんな記事を書いている場合では無いのですが、ちょっと現実逃避気味で、短めに書きます。) 綿密なスケジュール(WBS)を立案しましょう 現実的なプロ…

「プロジェクトマネジメント」だけでは無意味である理由

「プロジェクトマネジメント」だけでは無意味である理由 経済産業省の外部組織であるIPA・独立行政法人情報処理推進機構が中心となってとりまとめた、ITSS(ITスキルスタンダード)の、バージョン3が公開されてから、8年経過した。 ITSSその…

ITエンジニアの世界は参入障壁がとても低い

ITエンジニアの世界は参入障壁がとても低い ITエンジニアの世界は参入障壁がとても低い。 これは事実だ。 良くも、悪くも、である。 私が勤務している組織は、まったくたいした組織ではないので恐縮だが、毎年の新入社員の半数は非情報系(非IT系)の…

COBOLを悪者にすると結局ますますIT業界から人が去っていく悪循環(COBOLでの開発保守の経験もない人がCOBOL不要とか勝手に言うなよ)

COBOLを悪者にすると結局ますますIT業界から人が去っていく悪循環(COBOLでの開発保守の経験もない人がCOBOL不要とか勝手に言うなよ) まず、結論から先に言うと、 COBOLというプログラミング言語が悪いわけでも不備があるわけでもない むしろ、優れた後方互…

【国家試験】電験三種(第3種電気主任技術者試験)の難易度

【国家試験】電験三種(第3種電気主任技術者試験)の難易度 電験三種はただいま学習中ですが、自分が今までに受験してきたさまざまな資格試験の中でも、最も難しいレベルだと改めて思います。 特に思い知る部分としては、過去問題をただ単に反復練習するだ…

「5G」「IoT」「AI」などと言う前に、基礎理論となる「電気工学」「電子工学」「無線工学」を勉強しよう!

「5G」「IoT」「AI」などと言う前に、基礎理論となる「電気工学」「電子工学」「無線工学」を勉強しよう! 今年に入って、私は仕事の忙しさもあるが、何より、「電験三種」(第三種電気主任技術者試験)の勉強に時間を使っている。 (このブログもそ…

第一種電気工事士合格証書GET!

第一種電気工事士合格証書GET! 「第一種電気工事士」の合格証書が届いた。 「第二種電気工事士」が一般電気工作物(低圧)の工事のみであるのに対して、「第一種電気工事士」は自家用電気工作物(高圧)の工事も対象になる。 正式な免状を得るには、五年間の…

資格/試験 取得一覧 (2018年まで)

資格/試験 取得一覧 (2018年まで) SEQ.取得年 資格/試験名称 01 1991年 情報処理能力認定試験A級 02 1991年 第二種情報処理技術者試験 (国家試験) 03 1995年 第一種情報処理技術者試験 (国家試験) 04 1995年 パーソナルコンピュータ利用技術認定試験4級 …

まさかの電験三種科目合格…来年度に向けて始動!

まさかの電験三種科目合格…来年度に向けて始動! 昨年より、通信関連(有線/無線)の国家資格に挑戦しはじめ、今年は電気系の国家資格にも挑戦している。 これまでに取得した国家資格には以下のようなものがある。 有線通信系: 電気通信設備の工事担任者D…

ITはITだけでは存立できない

ITはITだけでは存立できない ITはITだけでは存立できない。ITとはソフトウェアであり、制御系ならばハードウェアが、業務系ならば対象となる業務、それらがあってはじめて存在し得る。 「私はITの専門家です」「私はITエンジニアです」と言いながら、ハード…

資格試験の価値

資格試験の価値 昨日、「第一種電気工事士」の筆記試験を受験してきた。 平成30年度なので、平成最後の電気工事士試験となると思われる。 私は本業が情報システム開発/保守(SE)なので、電気系は実務経験が無い。 それでも、将来的なこともいろいろ考え…

平成最後の電気工事士筆記試験お疲れさまでした。

平成最後の電気工事士筆記試験お疲れさまでした。 平成30年度、第二種電気工事士(下期)、および、第一種電気工事士の、筆記試験の日でした。 真夏のような暑さの中、お疲れさまでした。 私は第一種電気工事士の方を受験しました。 電気工事士の試験の本番…

「怒り」の感情を否定するな!

「怒り」の感情を否定するな! 書店をめぐるのが昔から好きである。 近年はオンラインで書籍を購入することが増えたが、オンラインでも書籍を検索するのが好きである。 近年、売れている本を見るに、ある傾向が見える。 (1)感情的にならないようにしよう (2)…

企業システムの真髄はバッチ処理にあり!

企業システムの真髄はバッチ処理にあり! 「基幹系業務システムの真髄」は夜間などにユーザーから見えないところ(バックエンド)で稼働しているバッチ処理にある。 銀行や保険会社などの金融機関における様々なお金の計算もバッチ処理で行われている。 製造…

第二種電気工事士に合格はかなりうれしい

第二種電気工事士に合格はかなりうれしい この5月から7月のプライベート時間のかなりを費やして受験した「第二種電気工事士」(筆記/技能)。 正式な合格通知が届いた。 正直、ものすごくうれしい。そしてホッとした。 この試験の本質は技能試験(実技)…

みんなアセンブラを必修科目にすればよいのに……しくみを理解していれば古きも新しきも同じことを言っていると気づくのに

みんなアセンブラを必修科目にすればよいのに……しくみを理解していれば古きも新しきも同じことを言っていると気づくのに 以下のような流言がいつまで経っても消えない。 DOA (Data Oriented Approach) で新たに開発すれば生産性/保守性が高まる オブジェク…

「自分の無知を知る」ことの大切さ

「自分の無知を知る」ことの大切さ 最近は試験勉強が忙しく、更新が停滞している。 「第二種電気工事士」の本番は何と言っても「技能試験」の方だということを、最近、身を持って体験している。 普段、ドライバーなどの工具もろくに使うことがない生活をして…

第二種電気工事士の技能試験にむけて

第二種電気工事士の技能試験にむけて ネット上に多くある「資格ランキング」とか「資格難易度」などの情報は、実はとてもいい加減である。 はっきり言うなら、ウソばかりだと思える。 その記事を書いている人間が、実際に受験勉強をして試験を受けた訳ではな…

プライバシーポリシー/お問い合わせ